3-06 "_ように言う" (tell someone to do)

Grammar Point 1 "__ように(と)言う"


  6-1. 日本語で、他の人にある行動をとってもらうよう指示を出すときに、
『(動詞の"辞書形")+ように(と)言う』
と言う形を使うことができます。

  6-1. In Japanese, the phrase 
"to tell someone to do something"
   can be expressed with the structure
(verb in dictionary form)+ように(と)言{i}う

 

 例: 私(わたし)の上司(じょうし)は
         私(わたし)にもう帰(かえる)るように(と)言(いい)いました。
(My boss told me to go home soon.)
Q1. I told my cat to catch a rat. →

Grammar Point 2 "__ない+ように(と)言う"


  6-2. 日本語で、他の人にある行動を行わないよう指示を出すときに、
『(動詞の"ない形")+ように(と)言う』
と言う形を使うことができます。

  6-2. In Japanese, the phrase 
"to tell someone NOT to do something"
   can be expressed with the structure
(verb in "nai" form)+ように(と)言{i}う
 例: 私(わたし)の上司(じょうし)は私(わたし)に
   明日(あした)から会社(かいしゃ)に来(こ)ないように(と)言(いい)いました。
(My boss told me NOT to come to the office from tomorrow.)

Q2. I told my boss NOT to touch me. →



Grammar Point 3 "__ように(と)言われる"

6-3. 日本語で、あなたは誰かにある行動をとるように言われた場合、

『(動詞の辞書形)+ように(と)言(い)われる』

  と言う形を使って表現することができます。


6-3. In Japanese, the phrase "to be told to do something" can be express with the phrase;

『(verb in dictionary form)+ように(と)言(い)われる』

例:私(わたし)は妻(つま)に

  はやく仕事(しごと)を探(さが)すように(と)言(い)われました。

(I was told by my wife to look for a job quickly.)

Q3. I was told to wait outside. →


Grammar Point 4 "__ない+ように(と)言われる"

6-4. 日本語で、あなたが誰かにある行動をとらないように言われた場合、

『(動詞の"ない形")+ように(と)言(い)われる』

  と言う形を使って表現することができます。


6-4. In Japanese, the phrase "to be told NOT to do something" can be express with the phrase;

『(verb in ない form)+ように(と)言(い)われる』

例:私(わたし)は妻(つま)に、新(あたら)しい仕事(しごと)が見(み)つかるまでは、

  家(いえ)には帰(かえ)らないように(と)言(い)われました。

(I was told by my wife NOT to come home until I find a new job.)

Q4. I was told not to sit. →


チャレンジしてみましょう!Let's Try!

Let's try to translate the example sentences above (from Q1 to Q4). Once the translation is done, please submit it in the comment section of this page below.



雑談(zatsudan) Small Talk "日本人の靴を脱ぐ習慣"

 前回は日本のトイレとお風呂に関してお話しました。なので今回は日本の玄関についてお話してみたいと思います。

 国や文化によっては、家の中で靴を履いたままでいるというところもあれば、履いていても脱いでもどちらでも良いと言うところもあります。しかし、一般的な日本の家庭では靴は玄関で脱ぎます。そして脱いだ靴はリビングなどには持ち込まず、玄関に置いたままにして家に上がります。

 まずはじめに、日本の一般的な家庭の玄関の写真を見てみましょう↓


 一般的な日本の家庭では、床が地面よりも高いところにあります。左の写真は我が家の玄関の写真で、右の写真は私の友人宅の玄関の写真です。どちらの写真でもご確認できるかと思いますが、床が地面よりも20センチ(約8インチ)ほど高いところにあります。

 家庭によっては床の高さが地面よりも50センチから60センチ(19インチから24インチ)ほど高く作られていることもあるんです。私の実家の床は地面よりもかなり高いところに作られているため、家に上がるための踏み段が2段設置されています。次回実家に帰った時に、その写真をとってこちらに掲載する予定です。ぜひ後日またこのページで、確認してみてください。

 日本の家庭の床が地面よりも高く作られている理由は、靴の脱ぎ履きがしやすいようにするためです。日本人は玄関に入って家に上がる時に、普通靴を脱ぎます。なので、床が地面よりも高くなっていると、そこに腰をかけ、ベンチに座る要領で靴の脱ぎ履きが楽にでき便利だからです。

 そして、靴を脱いだ後は写真でもご覧いただけるとおり、床の淵に沿って、靴を揃えて並べます。でも、もしお客さんがたくさん来る場合や、靴がたくさんある家庭は一体どうするのでしょうか?何十足もの靴をそこに綺麗に並べきることはできませんよね?リビングや寝室に持っていくのでしょうか?

 いいえ。多くの日本の家庭では靴を屋内の生活空間に持っていくことを大変嫌がるので、『靴は自分の部屋に持っていってください』と言われない限り、絶対に部屋の中に靴を持ち込まないように気をつけましょう。

 しかし、そこで問題が生じます。玄関に靴を置くスペースが十分にない場合はどうしたら良いのでしょうか?ご安心ください。多くの日本の家庭では、玄関に『下駄箱(げたばこ)』と呼ばれる靴を収納する棚のような物があります。なので、何足も靴がある家庭は普段下駄箱に靴を収納しておくのです。 

ちらは下駄箱(げたばこ)の写真です↓


 という訳で、日本の一般的な家庭では、土足はリビングや寝室など、生活空間には持ち込まず、玄関のどこかに置いておく形になります。したがって、日本人は床が土で汚れることを嫌がります。おそらくそのことも日本の一般家庭の床が地面より高くなっている理由の一つかもしれません。床を地面より高くすることにより、靴の裏などに付着して外から運ばれてきた土が、床に上がるのを防ぐ役割も兼ねているのです。

 しかし、もしあなたが日本に来て、ホテルに滞在する様な場合は、おそらくそれほど気にする必要はないでしょう。様々な国のお客さんが来るような洋風のホテルでは、ホテル側も臨機応変に対応しています。もしあなたが自分の部屋で靴を履いていたければ、履いたままで、もし脱ぎたければ脱いでいただいて大丈夫でしょう。

 ただし注意しないといけないのは、あなたが旅館や民宿と呼ばれているところに滞在する場合やお友達のお宅にお邪魔する場合です。その様な場合には以下のことにご注意ください:

①まず玄関に入ります。

②家の床に足を踏み降ろす前に、靴を脱ぎます。玄関の床に座って靴を脱いでも構いません。

③靴を脱いだら家に上がります。

④家に上がったら、体を自分の靴の方に向け、きちんと靴を揃えます。

⑤そして部屋の中に入っていきます。

おっと、それからもう一つ。家に入るときには『お邪魔します。』帰るときには『お邪魔しました。』と言うのを忘れずに。


Useful Information:

Living in a Share House in Japan

 日本に来たときにシェアハウスに滞在なんて素敵ではありませんか?今までにそんなことを考えたことがなかったかもしれませんが、これは本当に一生の思い出になる素晴らしい体験です。海外に行くことの醍醐味は何と言っても、現地の人とお友達になったり、現地のそのままの生活を体験すること、生きた文化や言語に触れることでしょう。

 さらに、シェアハウスはアパートよりも安く、いろいろなものがすでに揃っているので非常に便利です。また、シェアハウスに日本人と一緒に住むなんて、誰でもできる経験ではありません。母国にいるお友達や家族にも自慢になります。ぜひこの機会をお見逃しなく!↓ The site is also available in English. Don't miss this opportunity!

SHARE HOUSE180°


Homework: 

1. Using the grammatical structure "ように言う" & "ない+ように言う"

-please write 3 things that your parents told you to do

-please write 3 things that your parents told you not do do 

when you were little.

2. Now let's change the six sentences that you have written using "ように言う" and "ない+ように言う" into the passive sentences like;

"I was told to do" and "I was told not to do."

3.  Please practice shadowing with the 『雑談(small talk)』.

4. After reading 『雑談(small talk)』above, please write a small essay on it and submit it as a comment below.

5. Please watch the Kanji video below to practice Kanji, the Japanese Chinese characters. You don't have to be able to write them, but please make sure that you can read them. We may have a Kanji quiz during the next lesson.

The list of these Kanji is at the bottom of this page.

If you could contribute to translate these Kanji into your language and post it in the comment section, I would really really appreciate it.

Please turn in your homework in the comment section below↓. We will go over it during the next lesson.


『可、句、因、団、圧』

 

-可能性(かのうせい)----

-許可(きょか)を得(え)る---(ES)conseguir permiso, (ENG) to get permission

 

-俳句(はいく)をよむ---(ES) leer un haiku, poema japonesa, (ENG) to read a haiku, a Japanese poem

-句読点(くとうてん)をうつ---(ES)poner los signos de puntuación, (ENG) to put punctuation marks

-原因(げんいん)不明(ふめい)---(ES) el origen desconocido, (ENG) uncertain cause

-因果(いんが)関係(かんけい)---(ES) relación causal, (ENG) causal correlation

 

-集団(しゅうだん)生活(せいかつ)---(ES) vida colectiva, (ENG) communal life

-団体(だんたい)競技(きょうぎ)---(ES) deporte en equipo, (ENG) team sports

-圧力鍋(あつりょくなべ)---(ES) olla a presión, (ENG) pressure cooker

-圧倒的(あっとうてき)な強(つよ)さ---(ES) fuerza abrumadora, (ENG) overwhelming strength



以下のことを守っていただければ、どなたでもお気軽にコメントを残していただけます。

Anyone can feel free to leave a comment as long as you;

 

1. 批判はしない。

do not criticize other people or other people's comments

2. 特定の個人やグループを非難・攻撃しない。

do not defame or attack a particular person or group of people

3. 語学学習に関係ないことは書かない。

do not leave comments which have nothing to do with language-learning

4. 個人を特定できる情報(メールアドレス、住所、電話番号など)は書かない。

do not write personal information such as e-mail addresses, home addresses, or telephone numbers.

Words and phrases that

we (might) have used during the lesson:

コメント: 1
  • #1

    マーシャル (土曜日, 16 6月 2018 10:16)

    私は猫にネズミを捕まえるように言いました。
    私は私の上司に私を触らないように言いました。
    私は外で待つように言われました。
    私は座らないように言われました。

    私の両親は私に姿勢を正すように言いました。
    私の両親は私に今すぐこの家から引っ越すように言いました。
    私の両親は私にゴミ箱から食べるのを辞めるように言いました。

    私の両親は床から食べないように言いました。
    私の両親は私に犬に吠えらないように言いました。
    私の両親は私に知らない人と話さないように言いました。

    私は私の両親に姿勢を正すように言われました。
    私は私の両親に今すぐこの家から引っ越すように言われました。
    私は私の両親にゴミ箱から食べるのを辞めるように言われました。

    私は私の両親に床から食べないように言われました。
    私は私の両親に犬に吠えらないように言われました。
    私は私の両親に知らない人と話さないように言われました。