2018年版おススメの英語学習教材10選

(中級者・上級者向け文法編)


 まず一つ目は何と言っても絶対外せないと言っても過言ではない、旺文社より出版されている『表現のための実践ロイヤル英文法』シリーズでしょう。

 英文法の辞書のような本だと思っていただければ良いと思います。ページ数はなんと700ページ以上。章が文法項目ごとに分かれていて、わかりやすく丁寧な解説がついています。そして、それぞれの文法項目ごとに自然な例文もたくさん載っているので、例文をそのまま丸暗記して実際に会話や作文に生かすこともできます。


本のはじめの方には文法用語で:

  第1章:文

  第2章:名詞...

などと載っているので、自分が苦手だなと思う英文法の項目を(例えば『冠詞』や『時制の一致』などと)調べて、その課を読むことができます。

 本の後ろの方のページには①文法事項索引、②英文語句索引、③日本語表現索引、④慣用表現索引が載っていてとても便利です。例えば:

could have + 過去分詞ってなんだったけ?』

と言う場合や

not only A, but also B と言う表現を使った例文が欲しいな』

と言う場合にもとても便利です。

 700ページと言うページ数の割には余白と行間を多めにとっているためか、読んでいてもストレスを感じさせない工夫がされています。

 タイトルに『シリーズ』と書いたので、『ってことは他にも何かあるのかな?』と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、そうなんです。この『表現のための実践ロイヤル英文法』にはCD付きのものとワークブック『表現のための実践英作文法 問題演習』と言うものもあります。

 CDには英文が『日本語→スローな英語→ナチュラルスピードの英語』と言う具合に収録されています。ワークブックの方は、120ページぐらいの問題集です。章が『表現のための実践ロイヤル英文法』と一致しているので、そちらと併用して英語の文法演習を行うためのワークブックです。

 iPhoneやiPadなどをお持ちの方はiOS版も出ています。


No.2

Cambridge University Press 出版『Grammar in Use』シリーズ

 こちらも上記の『ロイヤル英文法』同様、ロングセラー中のロングセラーです。左の写真はIntermediate Levelのものですが、入門レベルと上級レベルのものもあります。私は職業上、入門、中級、上級の3冊持っていますが、それぞれに本だけのものと問題集アプリ付き(旧版はCD-ROM付き)のバージョンの2つあります。さらに、『Vocabulary in Use』という単語・表現が学べるシリーズと、発音矯正用の『English Pronunciation in Use』というものもあります。


 テキストのフォーマットは見開き1ページで1つのユニットとなっています。そして、左のページに文法の解説が4〜6つのポイントに分かれて説明してあり、例文もたくさん載っています。そして右のページは演習となっています。つまり左のページの解説を読んで、視線をそのまま右に並行移動させると関連した問題が載っているという具合です。

 レベルによってページ数は異なりますが、だいたい250ページから300ページぐらいの英文法解説付き問題集...というか、問題付き英文法解説集といった感じです。

 テキストはカラーで、挿絵などもたくさんあり、ビジュアルでも理解できるように工夫がされています。

 こちらのシリーズは入門から上級編まで全て解説も問題も英語で書かれているため、『英語を勉強してる〜』という気分にどっぷり浸れる教科書です。


No.3

InteractiveEnglish (Android版&iOSアプリ版)

 こちらはスマートホンやタブレットPCのアプリです。iPhoneやiPadで使えるiOS版とAndroid端末で使えるAndroid版の両方があります。無料のアプリで、一度ダウンロードするとほぼ毎月コンテンツが更新されます。

 アプリの内容は、毎月何か一つのテーマに沿って英語で短い記事が書いてあり、その記事に関連した単語や慣用句、文法がクイズ形式で練習できる仕様になっています。アプリ内で、難易度が3つのレベルに分かれていて、レベル1は優しい単語を使って短めに、レベル2はレベル1よりも難しい単語や慣用句を使って記事も長めに、レベル3は同じ内容の記事ですが使用されている単語・表現が専門的なもので、記事自体もさらに長く書いてあるという具合です。


 各レベルの記事はネイティブ(イギリス英語)スピーカーの声によるオーディオファイルが付いているので、発音の確認やリスニングの練習だけではなく、シャドーイングの練習もできます。また、レベル3は記事に対して、人々はどのような意見を持っているかインタビューを行っている所の録音も収録されていて、無料の割にはかなり凝った、完成度の高い英語学習アプリに仕上がっていると思います。

 記事の量や練習問題の数はそれほど多くはありません。しかし、

①毎月更新されるということと、

②その時々で話題になっているトピックが題材として扱われていること、

③3つのレベルに分かれた記事とクイズ形式の問題があり、

④さらにネイティブの声のオーディオがついていてリスニングの練習やシャドーイングもできる

ということで、おすすめ度のかなり高い英語学習用アプリです。


No.4

オンライン英会話

 こちらは教材というよりもむしろサービスですね。英会話教室のオンラインバージョンです。で、最近オンライン英会話で知名度が高いのがDMM英会話レアジョブ英会話 かなと思うのですが、料金的にはさほど違いはなく、(同業者の私からみても『マジで!』って思うくらい)お安くなっています。

 DMM英会話の講師はアメリカやイギリスに住んでいる英語ネイティブの講師もいますが、英語が流暢な非ネイティブの講師もいて、100カ国近い国の方達と英語でお話ができます。(日本人講師もいます。)私も無料体験レッスンを受けたのですが、ブルガリア人の先生とドイツ人の先生と... 非ネイティブの先生でしたが、とても流暢でした。ちなみに無料体験レッスンは非ネイティブの先生とのレッスンになります。

 それに対して、レアジョブ英会話の講師の先生方はフィリピン人の方がほとんどという印象を受けました。フィリピンは1946年までアメリカの植民地で公用語も英語なので、みなさん結構普通に英語を話します。で、レアジョブのレッスンでいいなと思ったところは、登録している講師の数がとにかく多く、しかもサイト上で自分の需要にあった講師(例えば、講師の最終学歴や卒業大学、専攻/専門分野など)を検索しやすい仕様になっているというところです。

 またレアジョブはビジネス英語やTOEIC対策、TOEFL対策、ディスカッションの練習コースなどもあります。

 ただ、DMM英会話さんやレアジョブ英会話さんなど大手格安オンライン英会話教室は、

①その時に空いている講師の先生と予約をとる形になるので、毎回講師の先生が変わってしまうという点、

 

 

②講師の皆さんは英語は上手ですが、主婦や学生さんも多くいて、専門職が講師ではない先生もたくさんいる

というデメリットもあります。

まとめ: 

 とにかく低価格で回数を踏んで、いろいろな先生と、いろいろな地域出身な先生と気軽に会話して経験を踏みたいという方はDMM英会話さん、同じく低価格なレッスンだけれども、専門性のある先生と一緒に、ある専門分野に関する英語が勉強したいという方、ビジネスのために英語が必要という方、英語の試験対策のレッスンを受けたいという方はレアジョブ英会話 がおすすめです。

 あと、私も外国語教室Mitchというオンライン外国語教室をしてますので、ご興味のある方はお気軽にお問い合わせを。個人経営のお教室で、私が責任をもってあなたの担当をさせていただきます。


 No.3にアプリと来て、No.4にオンライン英会話レッスンと来ましたので、それと同じ系統のものをもう一つご紹介します。リクルートの運営している『スタディサプリENGLISH パーソナルコーチプラン 』というアプリとオンラインレッスンの合わさったようなハイブリットな英語学習プログラム/サービスです。

 実は私、こちらは先日機会があって、詳しくお話を聞きに行って来ました。

続く。